The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『海道をゆく』 part9(大島編・その2)
2014-05-07 Wed 12:00
カレイ山を一気に下山した後は、海沿いの県道(337号)を南下します。
oshima2-1.jpg
車はほとんど来ない(というより誰にも会わない)ものの


oshima2-3.jpg
細かいアップダウンが続き、

oshima2-2.jpg
結構にきます。

oshima2-4.jpg
途中何度か綺麗な海岸線が顔を覗かせ、

oshima2-5.jpg
撮影という名目の少休憩をとります。

oshima2-6.jpg
県道を突き当ると案内板がありました。

oshima2-7.jpg
ここから息つく間もなく本日三発目のヒルクライムの始まりです。280m/4.0kmほどの亀老山(きろうさん)へ向かいます。

oshima2-8.jpg
上り途中、またしても「村上水軍」由来の史跡がありました。

ここの坂もかなりのものです。先程の海岸沿いのアップダウンもありとてもきつく感じられます。

そして頂上付近、15%の坂が続き、”カラータイマーが点滅”し始めた頃、信じられない光景に出くわします。

上からママチャリのおさんが涼し顔で下ってくるではないですか。。。

そんなバカな!ママチャリでこんな激坂を。。。こっちはもう出し切ってるのに。。。

思わずすれ違いざま「うわぁ~、すごいですねえ~!」とご挨拶。

ハッハッハッ!」爽やかにお笑いになり過ぎ去ってしまわれました。。。

「何今の?電動??もしかして地足???」

出しきっている自分が情けなくなり、

「はいはいヒルクライムはこれでおしまい!もう上りませんよ~!」

負け犬の遠吠え!

oshima2-10.jpg
そして敗北感に打ちひしがれたまま頂上に到着です。

oshima2-9.jpg
亀老山の名前の由来となったがいました。

売店でドリンクを一気飲みし展望台へ。それでは、お首を右へどうぞ。。。
kiro-pano.jpg
ん~ちょっと霞んでるけど絶景です!

oshima2-11.jpg
眼下にはこれから渡る来島海峡大橋が見えます。あれを渡ったら四国

綺麗な写真は撮れませんでしたが、十分に絶景を堪能できました。一気にダウンヒルし、いよいよしまなみ海道クライマックスの来島海峡大橋を目指します。

【目次】
プロローグ
part1(向島編)
part2(因島編・その1)
part3(因島編・その2)
part4(生口島編)
part5(大三島編・その1)
part6(大三島編・その2)
part7(伯方島編)
part8(大島編・その1)
part9(大島編・その2)
part10(来島海峡編)
part11(今治編)
part12(とびしま海道編・その1)
part13(とびしま海道編・その2)
part14(とびしま海道編・その3)
part15(とびしま海道編・その4)
エピローグ(最終回)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | おすすめコース | トラックバック:0
この記事のトラックバック
| フレンド商会西国分寺店 新着情報 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。