The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『 2016 坂道多摩ラン part1』レポート!!
2016-05-30 Mon 10:00
5月28日(土) 『 2016 坂道多摩ラン part1』 を開催しました。

今回はこれまでの”多摩ラン”では”物足ラン”という方を対象に、

少しハード目のコースを企画しました

※写真は(( ))すると大きくなります

16tama001s.jpg
集合場所はいつものところ。

曇天でしたが雨の心配はなさそうです!

今回は”ハード””激坂を含む” etc.と脅した(?)せいか参加者は少なめでしたが、、、

16tama002s.jpg
なんと小学生の参加者が 。。。よりによって今回!

もちろん保護者付き&無理そうなら途中離脱というお約束で、、、

さて、どうなるでしょうか

16tama003s.jpg
序盤から激坂の登場です!

皆さんいきなり全力で上らされます

そして小学生は???

なんと”普通に”上ってる

天才少年の降臨です。。。

これがパワーウエイトレシオ 体重が大人の半分だから

とにかくひと安心です!

16tama004s.jpg
のどかな田舎道をゆき、、、

16tama005s.jpg
3回坂を越えると、、、

16tama006s.jpg
見晴らしの良い場所へ到着しました

16tama007s.jpg
さらに激坂を越えると、、、

16tama008s.jpg
折り返しポイントに到着です。

16tama009s.jpg
前半だけでも結構おつかれの方も。。。少年はまだ大丈

16tama010s.jpg
これが天才少年の24インチロードバイク

どこかで見たことがありますねえ。。。

実は当ブログにも何度もご登場いただいています。

それにしてもここまで走れるとは、嬉しい誤算です!

それでは、後半へまいりましょう!

16tama011s.jpg
楽しくなってきて草原をかける”少年”

16tama012s.jpg
乗車フォームもキマッテます

16tama013s.jpg
公園で最後のトイレ休憩

16tama014s.jpg
”尾根緑道”を気持ちよ~く下った後、激坂を2回上ると、、、

16tama015s.jpg
小休憩ポイントに到着

16tama016s.jpg
ここまでで全行程の3/4。このまま行けば時間内にゴールできそうです

16tama017s.jpg
ばらが咲き誇っていました

16tama018s.jpg
つづいて田舎道をゆっくりと下った先は、、、

16tama019s.jpg
激坂

そして、、、

16tama020s.jpg
激坂です

16tama021s.jpg
これで本日の難所をすべて走破しました

16tama022s.jpg
あとは、”普通の坂”を何度か上ります。。。

”激坂”を上ると”普通の坂”が平地のように感じられてくるので不思議

16tama023s.jpg
でました”余裕”の

16tama024s.jpg
そしてゴール「ゆうひの丘」に到着です

お疲れ様でした~!

今回も全員の”頑張り”により、時間内にノートラブルで終えることが出来ました

ありがとうございました

次回は、7月16日(土)”秋川納涼サイクリング”を予定しております。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
別窓 | イベント | トラックバック:0
明日5月28日(土)『坂道多摩ラン』開催します!
2016-05-27 Fri 09:00
明日5月28日(土)

『2016 坂道多摩ラン part1』

”予定通り開催します ”

お申込みいただいた皆様

photomv.gif

明朝7:00 までに 厳守!

omaru2.png

大丸公園【稲城市】 Map へお集まりください!

西国分寺店ではありません!

開催日:5月28日(土)
集合 : 大丸公園 AM 7:00
解散 : 大丸公園 AM11:30頃
参加条件:事前にお申込みいただいた皆様
注意事項:
ヘルメット、グローブはご着用ください。
※パンクに備え、替チューブは必ずお持ち下さい。
※できれば走行会までに事前に自転車の点検にお持ち下さい。
※食事はございませんので補給食をお持ち下さい。
※当日は走行会開催のため12:00開店となります。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


別窓 | イベント | トラックバック:0
『第4回榛名山ヒルクライム』参戦記(その3)
2016-05-26 Thu 20:00
....3.2.1.

「いってらっしゃ~い第4ウェーブ!」 (MC:絹代さん)

以下、動画を撮っていた方の映像をリンクさせていただきます。


とても鮮明で臨場感のある映像です。まさにこういう雰囲気でした。私も一瞬登場しています。

haru300.jpg
コースの目印ポイントに最大限の目標タイムを設定

前半は周りのペースに飲み込まれることなく自分のマイルストーンのクリアを目指します。

ほぼ予定通り のタイムで前半を終え、体力的にきつくなる後半に差し掛かります。

この時、ちょうど同じくらいのペースの選手がいたので、”前を引いて”いただく。


そう、この辺りから、、、

どうも女子選手らしいが速い

何度か千切れそうになるものの終盤まで持ちこたえ、ラスト200mは渾身の力を振り絞り、ここ最近では見たことのない最大心拍数でゴール

しばらく放心状態の後、息を整え顔を上げると、、、

キラキラ ときらめく 榛名湖 が出迎えてくれました。

その光景がこの上なく美しく 感じられたのは私だけでしょうか?

haru400.jpg
実質のゴール(記録計測終了点)から”GOALゲート”までは1kmほど。

haru420.jpg
程なくしてゴールです!

(写真は完全にアフレコ。1時間以上休憩の後せっかくなので撮影。)

リザルトは47分

2週間前の試走タイムからは18分短縮できました。この2週間の悪あがきが功を奏したようです。

pwchart.png
パイオニアペダリングモニターによる走行データ

haru430.jpg
ゴール後は湖畔沿いをすすみ、、、

haru440.jpg
この駐車場で荷物を受け取り、、、

haru500.jpg
こちらの下山待機エリアで本格的に休憩します。

待ち時間の間に、食事 ができるようになっています。

haru505.jpg
ゼッケンの一部分を切り取ると、1000円分の食券になっていて、

haru510.jpg
それで好きなものを食べられます

ちなみにこれを事前に切り離して預け荷物に入れている方も多く、1gでも軽く走りたいという気合が感じられました

haru517.jpg
甘酒はお代わり自由。木陰で腹ごしらえ

お互いの死闘を振り返ります。

haru530.jpg
折角なので湖畔へ

haru535.jpg
この日は最高の天気に恵まれました 

haru540.jpg
今度ゆっくりプライベートサイクリングでも来てみたい

伊香保温泉もありますし。。。

haru580.jpg
チャリダーの方々もご参加されていました。放送が楽しみですね。。。

そうこうしているうちに下山の時が来ました!

haru600.jpg
”下山行列”7000人は圧巻です

haru610.jpg
加賀百万石の大名行列(MAX4000人)を越えています!

haru620.jpg
前も後ろもギッシリです。

haru630.jpg
下山が始まりました。

haru635.jpg
この辺苦しかったよな~

haru640.jpg
途中、休憩所があり一度止まります。

下りでの事故を未然に防ぐ素晴らしい配慮。

この先、上りとは別ルートを下ります。

haru650.jpg
この裏ルート、何度か上り返しはあるものの、なかなか雰囲気が良い。

なによりも沿道を住民の皆さんが総出?で繰り出し、

「ありがと~う。お疲れさま~。また来てね~!」

”温か~い声援”を送ってくださる。

暑い中、長時間、ホントに最後の最後までどこまでも。。。

ここまで地元の方々の協力を得てつくられた大会というのはなかなかないと思います。

これには多くの参加者が”感動”したのではないでしょうか。

haru700.jpg
大会会場へ戻ってきました。

haru705.jpg
体育館で完走証(リザルト)を受け取ります。

haru710.jpg
ちょうど表彰式があり、良く見るとレース中”前を引いて”いただいた女子選手でした!

”恐れ入りました” そしておめでとうございます

私には前に出る脚は残ってなかった。。。

ぜひいつかご来店ください。

何か”お礼”をさせていただきます

haru750.jpg
メーカーさんも2日間お疲れ様でした。

haru770.jpg
これにて”ハルヒル2016”終了です。

一路東京へ

『第4回榛名山ヒルクライム』参戦記(その1)
『第4回榛名山ヒルクライム』参戦記(その2)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


別窓 | イベント | トラックバック:0
『第4回榛名山ヒルクライム』参戦記(その2)
2016-05-26 Thu 20:00
いよいよ大会当日を迎えました!

早朝(夜?)3 時前に起床。

前日17時の夕食だったこともあり朝からお腹ペコペコ

パスタバナナ、その他いろんなサプリメントを流し込む

3:30にホテルをチェックアウト。まだ暗闇の中、所定の駐車場へ

haru100.jpg
少し明るくなり始める。

天気は最高の模様だが少し肌寒い!

haru105.jpg
早速ローラー台をセットしウォーミングアップ開始

実際のスタートまではまだ3時間もあるが、一度レース強度まで上げ体を目覚め させておくことに。

haru107.jpg
5時過ぎ、のどかな田園をぬって会場へ向かいます。

haru110.jpg
朝日を背に

haru115.jpg
参加者がぞくぞくとやってきます

haru118.jpg
荷物を預ける直前で一度中学校の校庭へ

ここで着替えを済ませます。選手の動線を考えた気の利いた段取り

誰かに声をかけられます

haru122.jpg
当店の”高校生ルーキー”コンビでした。

グループは違えど、お互いの健闘を誓い合います

haru125.jpg
ここで荷物を預け、、、

haru130.jpg
体育館裏の待機場所へ移動します。

haru132.jpg
自分のグループエリアに自転車を置きます。

haru135.jpg
自転車だらけのなかなか壮観な光景です

haru136.jpg
上から見るとこんな感じ

ここから待つこと30分。。。

いよいよスタート地点への移動が始まります。

haru141.jpg
Mさんもテンションが上がってきました。。。

haru144.jpg
鳥川を渡りスタート地点へ向かいます。

haru150.jpg
スタート待ち行列です。ここは第4グループ。

見えない程前方で開会式が始まった模様です。

スピーカーで音声だけが伝わってきます。

花火 が打ち上がりました。

いよいよ”エキスパート”グループからスタートです!

haru152.jpg
第2グループ、第3グループとスタートし、

haru154.jpg
ついに第4グループの番です

MCはいつもの絹代さん。

走行中の注意やヘルメットの顎ひもチェックなど、当たり前のことがこういう時はとてもありがたく感じます

いよいよカウントダウンです!

”10秒前......”

『第4回榛名山ヒルクライム』参戦記(その3)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


別窓 | イベント | トラックバック:0
『第4回榛名山ヒルクライム』参戦記(その1)
2016-05-26 Thu 20:00
”第4回榛名山ヒルクライム”に参加してきました

4年目にして富士ヒルクライムに迫る7000人規模の大会へ成長!

その人気の秘密はどこにあるのか?

haru5.jpg
大会前日レンタカーを借り荷物を積み込みます。

今回は自転車2台ということでコンパクトなトヨタヴィッツをチョイス

haru10.jpg
2台のハンドルをくっつけ、フレーム同士をひもで固定

では行きますか

所沢ICから関越自動車道で一路高崎へ

haru15.jpg
途中パーキングで早い”昼食”(AM 9:00)をとり、、、

あっという間に高崎着です。

この首都圏からのアクセスの良さも人気の条件

ホテルへ車を置き、歩いて 受付会場へ向かいます。

haru20.jpg
今年から高崎駅での受付ができるようになりたいへん便利になりました。

haru25.jpg
東口へ向かいます。

haru30.jpg
ありました~受付会場

早速受付し、ゼッケンセンサー参加賞をゲット!

haru31.jpg
Mさんも一気に気分が高まります

haru32.jpg
別のお客様分の代理受付もすませます。

haru40.jpg
途中、駐輪場と思しきオブジェ風スタンドを発見!

これはいったいどうやって使うのか

haru41.jpg
別の場所に自転車が止まっていました。

haru42.jpg
なるほどこうなっているんですね

ホテルへ戻り、自転車の準備。

少し体を動かすため、大会会場まで(14km程)サイクリングすることに!

haru51.jpg
道にほぼ並走する一級河川”烏川”

haru53.jpg
のどかでいいですねえ~

haru52.jpg
幕末ファンなら小栗上野介を思い出すかも

haru55.jpg
明朝やってくる駐車場も確認しておきます。

明日はここがウォーミングアップ場になるんですね

haru60.jpg
会場が近づいてきました

haru61.jpg
到着です 折角なので中に入ってみましょう!

haru62.jpg
ここがメイン会場

ちなみに”高崎駅受付”で申込んだ方は、こちらでは受付できません ゼッケンとセンサーが参加者一人一人に割り振られているので当然ですね

haru65.jpg
シャトルバスが出ていました!

haru66.jpg
1時間に1本、メイン会場←→高崎駅を片道45分で運行しています。

それではホテルへ戻りますか?

ここでMさん、ぜひ”試走”したいとのことでコースへGO

私は体力温存のためホテルへBACK

結局、Mさんは頂上まで全力でTTしたとのこと。。。信じられん

haru70.jpg
駅前商店街”昭和”な感じが渋い!

ホテルへ戻り、早めの”夕食”(PM 5:00)後、

入念にストレッチ し、就寝の段取り。。。

が、、、早すぎてまったく眠くならない

ホテルによくある聖書でも読もうかとテーブルを捜索。

すると出てきたのは、、、

mangataka.jpg
”まんが高崎の歴史”

ん~、とても勉強になりました

『第4回榛名山ヒルクライム』参戦記(その2)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


別窓 | イベント | トラックバック:0
| フレンド商会西国分寺店 新着情報 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。